世界の治安について語らせてください

 

あ、そうそう!

この前ですね、家にゴキ○リが出たんですよ。

そうです。あの黒い奴です。

 

何か軽く書いていますけど、そのとき相当焦ったのと恐怖で貧血気味になりました。

 

 

まあ、なんだかんだあって退治したんですけど

ここで事細かに書いても皆さん嫌ですよね。

 

虫が嫌いな人もいるでしょうし、ゴキブリなら尚更ムリって人もいると思います。

 

でもやっぱりそのときの私の焦燥を少しでも皆さんにわかっていただきたいので、お話したいのです。

 

 

 

 

 

 

なのでちょっと変えます。

 

ゴキブリのまま話を進めると、どうしても気分が悪くなると思いますので

 

ゴキブリを全く別の物に置き換えて話を進めていきたいと思います。   

 

 

 

 

 

やっぱりあの見た目が駄目だと思うんですよね。

 

なので

 

はい、これをゴ○ブリとしましょう。

 

まあ、相当大きいですよね。

 

 

このトラックがですね、夜道を歩いていると

急に飛び出してきたんですよ。

 

そりゃあ焦りますし、怖いですよね。

警察に突き出してやろうと携帯電話を取り出していると

 

 

その隙に

 

はい逃げられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことされた日にゃあ、黙ってられませんよね。

 

皆さんは泣き寝入りできますか?黙って見過ごせますか?

 

私にはできません。

 

もう復讐ですよ。

 

警察に頼ってられません。私自ら懲らしめてやらなくちゃいけません。

 

 

 

そこでいろいろ考えたんですけど、あのトラックも恐らくいつかは燃料を切らすでしょう。

 

そこを狙うのです。

 

早速私はある所に電話をしました。

 

 

 

はい、ガソリンスタンドです。

 

事前にトラックについて調べたことによると、大型トラックはディーゼル車がほとんどで、つまり軽油で動いているんですね。

 

トラックにレギュラーもしくはハイオクを入れると、動きが鈍くなり、最終的に故障するらしいのです。

 

なので、それを踏まえてガソリンスタンドに電話したのです。

 

「もしもし、金井です。

 あ、読者の皆さん、自己紹介遅れました。

 どうも、わたくし金井です。

 それでそちらに給油で寄る大型のトラックに

 レギュラーを入れてください。

 

 あ、いえ大丈夫です。承知しています。

 後始末は私がしますから」

 

 

それから折り返し連絡が来るのを待ちました。

 

するとしばらくして電話が来ました。


「トラックがガソリンスタンドに来ましたよ」


と。


私はとりあえず指示した通りにガソリンを入れて放置してくれていいと伝えて

その日は寝ることにしました。





そして



次の日の朝ですね。電話が来ましたよ。




どうやら道の途中で立ち往生しているそうです。

 

 

 

さっそく見に行きますと

 

案の定


煙を上げながら止まっていました。

 

 





 

 

なので私は・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

こうしました。

 


はい、こうです。



容赦しません。

 

 








 

 

ということで、終わります(笑)

 


皆さんも気をつけましょう。

 


 

 


コメント
コメントする








   

プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

サイト内検索

others

モバイル

qrcode